月とうさぎの物語(北海道)・・・/2017年5月満月期のよるそら


2017年5月11日【月齢:15.1】


風薫る5月とは、よく言ったもので・・・
あちらこちらで新緑の若葉が萌える季節、
爽やかな風が吹くこの頃となりましたね☆

ゴールデンウイークが明けましたが
皆さん、リフレッシュされましたでしょうか?
本日も、こんばんは (#^^#)v
【よるそらナビゲーター】 みどり です。

日に日に紫外線の強さを感じる日々ですが、
その分、夜風に吹かれながら星を見上げる
時間の心地良いこと・・・♪
梅雨時期に突入する前に、是非とも
ゆるりと夜空を見上げる時間を
お過ごしいただけたらと思います!

さてさて、本日は
満月期ということで、北海道エリアに伝わる
物語をお送りしていきたいと思います。。。
本日も、よるそら を宜しくお願い致します!


【本日のご案内】
☆月とうさぎの物語。。。


それは、大昔の月の世界でのこと。

雪がたくさん降ったある日のこと、
月の世界の王子たちが、雪合戦をしていると
思いっきり投げた雪玉の1つが、なんと
地球へと飛んでいってしまったそうです。

きらきらと輝きながら地球へと落ちていく
雪玉を見ながら、神様は考えました。

“このままだと、雪玉はお日様の熱と光で
 溶けていってしまうかもしれない。
 それは、なんとも残念なことだぞ・・・”

神さまは、地球に落ちた雪玉に
顔と長い耳、そして4本の足と尻尾を付け
ふわふわした愛らしい生き物として
その姿を変えたのだそうです。

・・・そうして生まれたのが、皆さんも
よくご存知の、うさぎなのだとか (*^^*)


月には、うさぎが住んでいて
ぺったんぺったんと、お餅つきをしている
という話は聞いたことがあったのですが、
雪との縁が切っても切れない北海道ならではの
物語に、ちょっとほっこりしてしまいます☆


昔から、多くの人を魅了してきた月や星、
そして様々な天文現象に関わる物語。。。(*^^*)
もしかしたら、皆さんがお住まいのエリアにも
その土地ならではの物語があるかもしれませんね。


次回は5月19日、半月の夜にお送りします♪


    ☆☆毎月1回、メルマガ配信中です!☆☆
【宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ】
 http://www.mag2.com/m/0001570292.html





posted by 富山翠@宙ガール at | 星空豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    
   


お試しセット販売