☆2018年1月の星空情報☆



大晦日の夜、皆さま如何お過ごしでしょうか?
明日から新年ということで、例年通り前夜に
メルマガ配信をさせて頂きます・・・☆彡

それでは、1月の星空情報をお届けします!


★4日(木):日没後〜明け方頃
毎年1日〜5月頃まで、天文ファンを魅了している
りゅう座(しぶんぎ)流星群。このピークの時期が
4日なのですが……残念ながら、今年は
月の影響をかなり受けてしまいそうです。

とはいえ、北の空を輻射点とする流星群ですし!
1時間当たりに流れる星の数は50〜100個と多め
ですので、もしかしたら火球レベルのものを
見つけることが出来るかもしれません。

夜半過ぎには輻射点が東寄りに移動しますので
どうぞ暖かい格好で、眺めてみてくださいね♪


★7日(日):2時半頃〜6時半頃
未明〜早朝の空で、火星と木星の接近が見られます。
最接近は9時半頃ということなので、太陽もすっかり
昇りきってからになるのですが、その際の接近は
0°12′となりますので、未明の時点でも
充分に楽しめるかと思います♪

2時半頃に東南東の地平から昇り始めるので
東側が開けているエリアで、見やすい高さに
なるのは、3時半〜でしょうか。

火星が地球から結構離れていますので
望遠鏡などがあると、より楽しめるかと思います!


★31日〜2月1日(水〜木):20時49分〜0時9分
この日は2回目の満月。そして皆既月食ですので
全国的に欠けゆく月を観測することが出来ます。

前回、日本で観測された皆既月食は2015年4月。
まだ記憶に新しいところですが、この時の皆既食
継続時間は、たったの12分程度でした。
…が! 今回は驚くなかれ。
1時間17分もの間、赤銅色に染まった月を
眺めることが出来るようです♪

20時49分に欠け始めた月が、皆既状態になるのは
22時28分頃。。。そして、食の終了は日付が
変わってからですので、時間も長いですし、
是非たくさんの方に夜空を見上げて頂きたく
思います (*^^*)♪


新年1月に絶対に見て頂きたいのは、何と言っても
月末の皆既月食! これだけ長時間に亘って
皆既状態を見られるのは滅多にありません。

どうぞ、お楽しみに・・・♪

2017年も、残すところ数時間となりました。
本年もお付き合いを戴き、ありがとうございました!
新しい年が、皆さまにとって素晴らしい1年と
なりますよう、心よりお祈り申し上げます・・・☆
posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    
   


お試しセット販売