☆2020年7月の星空情報☆



*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*


先日は関東エリアで火球が見られたとか…
真夜中でしたが目撃された方も多かったようですね☆彡
全国的に雨模様ですが…7月の星空情報をお伝えしますね。


★5日(日)〜6日(月):20時頃〜明け方にかけて
20時頃、東の空の低い位置には月と木星、そして土星が
星の親子のように仲良く昇っていくのが見られます。
空が明るくなり始める頃に南の空高くに昇る火星も
だいぶ赤く輝くようになってきましたよ♪
雨の止み間に星空が見えるようであれば、ぜひ☆


★12日(日):2時過ぎ〜明け方にかけて
金星と、おうし座アルデバランとが接近して昇るのが
この日の早朝のこと。10°の高さには3時頃到達します。

最接近するのは昼間11時過ぎで、0°57′となりますが
未明の時間帯でも充分近づいて見えていますので、
夜型より朝方という方は、ちょこっと早起きを。
アルデバランの光度も、0.87となっており
しっかり並んで見えますよ (#^^#)b


★21日(火):3時半頃〜4時頃
3時半頃、東の空の低い位置に水星が昇り始め
そこから西へ向けて空を横断していくように、
金星、天王星、火星、海王星、土星と並び、その先に
西の空低い位置に木星(土星と木星の間に惑星外となった
冥王星)がずらりと並びます。

3時半時点で西の空7°程の高さにある木星も、4時頃には
2°辺りまで降りてしまいますし、東の空の地平ギリギリに
姿を現した水星の後を追うように太陽が昇り始めるので
本当に僅かな時間しか見られない光景ですが、
夜の時間帯にこれほど多くの星並びを見ることが
出来るのは、本当にレアケース♪

東西が開けたエリアにお住まいの方は、ぜひチェックを☆


☆七夕の時季、日本では梅雨空が広がることから
織姫と彦星の逢瀬に想いを馳せつつ星空を見上げる…
なんてことが出来にくいのですが。
今年は晴れたとしても21時過ぎには、満月直後の月が
ベガとアルタイルの下に並んで昇り始めるので
やっぱり地上から眺めることは出来ないようです。

久方ぶりのデートを照らす、お月様からの
ささやかな心配りといったところでしょうかね(*^^*)


惑星直列なんてことも話題になっている朝ですが
本当に直列というわけではなく、90度の範囲内に
全ての惑星が入るというだけなので、どうぞ心穏やかに♪

引き続き、やさしい『よるそら時間』をお過ごしくださいね!


+++++++++++++++++++++++++++

“もっと知りたい!”という方は・・・コチラへ♪
【宙ガールがお届けする星空情報★よるそらナビ】
 http://www.yorusora.net/  ※リニューアル予定※

メルマガ:宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ

発行:よるそらナビゲーター みどり
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001570292.html


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*
posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    
   


お試しセット販売