\☆見逃し厳禁☆/ 397年ぶりの天体現象をチェック♪



メルマガでも発信させて頂いていますが・・・
12月21日夕方の西の空では、木星と土星とが
かなり接近した状態で沈んでいきます。

「今もだいぶ近い気がしますよ? 」って思われた方!
まさにその通りです(*^^*) さすがです♪

数値として1番接近して見えているのが、ちょうど
このタイミングというだけで、ご都合つくようであれば
先取りして見て頂いてもいいかもしれませんね☆彡


20201221_1700_C.png


画像は、観測地点を東京としたものですが、
太陽が沈んだ後の南西の空に、比較的明るく輝く
2つの星が見えたなら、それは木星と土星。

1年で最も昼の時間が短い冬至の、夜のはじまり。
南の空には、上弦目前のお月様というタイミング。
22日の朝に上弦となるので、ほぼほぼ半月ですね。


17時時点での高さは20°を切っているので、都心のビル群や
西に高めの山がある場所では観測が難しいかもしれませんが、
住宅地や或いは眺めの良い場所でなら、
お天気が良ければ見つかるはずです。

20201221_1700_U.png


腕をいっぱいに伸ばして縦にしたグーを作って
地平線の辺りを下として合わせると約10°分の目安なので
縦にしたグー2つ分よりも、ちょっとだけ低い位置。
望遠鏡や双眼鏡をお持ちなら、ぜひご用意くださいね。


20201221_1700_M.png


望遠鏡や双眼鏡の、1つの視野にこの2つの星
(木星の衛星を含めると6つの星)が入るのは
極めて貴重なタイミングということで、
天文関係の方々も大注目かと思うのですが。。。


この2つの星が、もっとも接近する時間帯というのが
2020年12月22日の朝6時。

残念ながら日本だと、この時間の東の空に見えているのは
金星だけで、その次に昇ってくるのが太陽。
木星と土星とに至っては9時頃に昇ってくるけれど
既に明るくなっているので、通常観測は出来ません💦

20201222_0600_moon.png

※月の大きさがこのサイズの時・・・

20201222_0600_S-J.png

※木星と土星の距離感は、こんな感じです。



どれくらいレアな話をしているかというと
なんと、397年ぶりの天体現象なんです!

16230716_1845.png


画像は、1623年7月16日の日没後の空。
最接近は翌17日の朝7時44分で、0°05′とのこと。。。
今回は0°06′ということだから、見え方としては
ほぼ同様に見えていたのではないかと思われます。

前日夕方時点での見え方でいうなら
今回は冬季で日没も早く、且つ高さもそこそこあるので
観測のしやすさでいえば、今回のほうがしやすいかと♪

当日のお天気が悪かったり、都合がつかない方も
前後10日程は、まんまるお月様の円形サイズにすっぽり入る
1°以内で見えていますが、16日夕方から25日夕方がリミット。

出来るだけ接近した様子を眺めたい♪ という方は
やっぱり21日の夕方がオススメです☆




posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    
   


お試しセット販売