☆2019年12月の星空情報☆


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*


今朝は朝焼けのグラデーションが鮮やかで、いつまでも
眺めていたい程でした。冬場は特にキレイに見えますよね。
星空情報ではありませんが、朝焼け・夕焼けも見頃です♪
さて、12月の星空情報をお送りしてまいりますね(^^)


★7日(土)〜15日(日):日没後〜明け方まで
12月は上旬から中旬にかけて毎年訪れる、ふたご座流星群。
ピークは終盤14日頃ということで週末なのですが、なんと
満月が12日。。。14日のお月様に至っては、カストルと
ポルックスと隣り合うように並ぶといった状況です。
…これは、これでキレイだけれど(^^;)

東京都内を観測地とした場合の12月中旬のふたご座は
21時時点で高さ30〜45°付近。ほぼ東の空にあります。
輻射点となるふたご座周辺は月の影響で明るいことが
予想されますので、月が空高くに昇ってしまってからだと
流れ星探しは難しいかもしれませんので、辺りが暗くなる
18時頃からなら東の空を。
月が昇り始めてからは天頂から西の空など、月明かりが
目に入らないように観測されることをオススメします。

1時間当たりに流れる星の数は50個程度と多めですので
チャンスはたっぷりありますよ☆ミ


★17日(火)〜24日(火):日没後〜明け方まで
月半ばから下旬にかけては、北極座でもお馴染みの
こぐま座を輻射点とした、こぐま座流星群がやってきます。
ピークは23日頃ということで、1時間当たりに流れる星の
数は15〜20個程度。
少なめではありますが、新月目前ということで空が暗く
こちらも見つけられる可能性が大きい流星群となっています。


★26日(木):14時半前〜16時半過ぎ/東京基準
全国的に部分日食が見られます。
最大食分(太陽と月とが重なって1番欠けて見える時)は
東京だと15時半過ぎで4割程度。南西の空10°付近にまで
降りてきてしまっているので、西側が開けていないエリア
での観測なら、早めの時間帯の観測がオススメです。

平日ですが、学生さん達なら冬休みに入っているかな?
お子さんがいらっしゃる方なら、サンタクロースからの
ちょこっと遅めのプレゼントを、一緒に眺めてみても
良いかもしれませんね。



早いもので、あっという間に12月ですね。今年も1年間
お付き合いを頂きありがとうございます(*^^*)
今年も年末には2020年1月号をお送りしますので、新しい年も
どうぞ、星空を見上げるゆとりを持ってお過ごし頂けたら
嬉しく思います。。。☆


それでは、これからもおだやかな『よるそら時間』を
お楽しみくださいね(*^^*)/


+++++++++++++++++++++++++++

“もっと知りたい!”という方は・・・コチラへ♪
【宙ガールがお届けする星空情報★よるそらナビ】
 http://www.yorusora.net/  ※リニューアル予定※

メルマガ:宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ

発行:よるそらナビゲーター みどり
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001570292.html


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*
posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆2019年11月の星空情報☆





*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*


三連休は思いのほかお天気も良く、行楽日和となりました。
どこかへお出掛けだった方々もいらっしゃるのでは?
週明け火曜日。11月の星空情報です。 ^^


☆今年はこの時季、日没後の西の空に目視で楽しむことの
出来るものも含め、惑星たちが集まっています。

11月上旬でいえば、18時時点で南西の空10°付近に木星。
そこから左上25°付近には土星が輝き、更に少し左上
27°付近には(目視は難しいし惑星ではなくなって
しまったけれど)冥王星。
5日時点では、その先の南の空に月が続いています。

火星に関しては太陽よりも先に沈み、先に昇るので
明け方の空では輝きを確認出来るのですが、地球から
遠く離れていることもあり、ぼんやりとした光を
確認出来るといった状況となっています。

つまりはお月様以外に明るい星がなくて、秋の星座を
眺めるのに最適な星空が広がっているということ☆
夏から冬に移りゆく秋の星座を、ぜひご覧くださいね。


★18日(月):未明〜明け方まで
11月のお楽しみといえば、しし座流星群! なのですが
今年はピークとなる日が下弦の月目前なんですね…
星が流れるタイミングは14日頃〜20日頃ということで
満月が12日、下弦が20日ということから、完全に
重なってしまっている状況です。

満月に近い前半は、流れ星探しが難しいかもしれませんが
終盤の頃(下弦の月と、しし座のレグルスとが接近する
18日〜20日頃)、輻射点となる東の空ではなく西の空方面を
中心に眺めてみるとよいかもしれませんね♪


朝夕の冷え込みがしっかりしてきて、街往く人達の装いも
冬仕様になってきました。
皆さんもどうぞ温かくしてお過ごしください☆ミ

それでは、これからもやさしい『よるそら時間』を
お楽しみくださいね(*^^*)/


+++++++++++++++++++++++++++

“もっと知りたい!”という方は・・・コチラへ♪
【宙ガールがお届けする星空情報★よるそらナビ】
 http://www.yorusora.net/  ※リニューアル予定※

メルマガ:宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ

発行:よるそらナビゲーター みどり
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001570292.html


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*
posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆2019年10月の星空情報☆


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*


日中の陽射しの強さと、夜間の冷えこみ…いよいよ寒暖差が
大きくなってきましたね。体調を崩しがちの時期ですが
どうぞご自愛を。。。10月の星空情報をお伝えします!


★11日(金)
9月の十五夜さんに引続き、10月のお楽しみは十三夜さん。
2019年は10月11日の夜が、その日となります。
十五夜の時には秋の収穫を願い、十三夜の時はその収穫に
感謝するという意味合いがあるそうです。
お供え物や、お団子の色・形・積み方なども地域によって
異なるそうですが、皆さんのお宅では如何でしょうか。
いずれにしても、お天気になるといいですね☆

ちなみに満月は14日。
雲が多めで十三夜のお月様が見られないようでしたら、
ゆる〜くまんまるお月様を楽しむのも良いかもしれません☆

★21日(月):22時頃〜明け方まで
16日頃から27日頃にかけて流れる、オリオン座流星群。
そのピークが訪れるのは、21日となっています。
10月中旬頃、オリオン座が東の空に姿を表すのは22時くらい
ですが、ピークとなる21日は23時頃にオリオンを追いかける
ように下弦の月が昇り始めるので、タイミング的には
ちょっと見えにくいかも。。。
1時間当たりに流れる星の数は、30個〜くらいですので
見つけられたらラッキーかもしれませんね☆ミ

★24日(木):2時頃〜明け方まで
お月様と、しし座のレグルスとが一緒の昇るのは
午前2時半頃の時点で、その近さは3°05′程度ですので
仲良く並んでいる様子がハッキリとわかりますね (*^^*)v
21日が下弦の月ということで、ちょこっと欠けたお月様と
レグルスのコラボレーションも是非眺めてみてくださいね♪


明け方にふと目覚めて空を見上げると、シリウスが煌めき
“昔の人は明け方の星を見て冬への備えを始めたかな〜”
なんて、そんなことをぼんやりと想うこの頃です。。。

それでは、これからも引き続きゆるやかな『よるそら時間』を
お楽しみくださいね(*^^*)/


+++++++++++++++++++++++++++

“もっと知りたい!”という方は・・・コチラへ♪
【宙ガールがお届けする星空情報★よるそらナビ】
 http://www.yorusora.net/  ※リニューアル予定※

メルマガ:宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ

発行:よるそらナビゲーター みどり
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001570292.html


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*
posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆2019年9月の星空情報☆


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*


明け方4時頃に南東の空を眺めると、冬の大三角形に
リゲルを加えたクロス(十字架)を見つけることが出来る
季節がやって来ましたね☆ 9月の星空情報をお送りします!


★6日(金):日没後〜23時過ぎ頃まで
この日は上弦の月ですが、木星と月が16時23分には
1°34′にまで接近しています。もちろん、まだまだ明るい
時間帯の為、ちょうど良いタイミングでは観測できませんが
関東エリアであれば18時過ぎには太陽が沈みますので
南の空のお月様と、その右下にちょこんと輝く木星とを
ぜひ見つけてみてくださいね☆

なお、この日の木星は東矩。
光度は−2.04となっています(*^^*)♪


★8日(日):日没後〜21時判過ぎ頃まで
続きましては、木星を追いかけるように姿を現す土星。。。
こちらは9日の真夜中過ぎ、0時17分に月と最接近しますが
その近さは0°37′と、なかなかの近付き具合☆
これは、お天気が良ければチェック必須ですね(#^^#)b

とはいえ日付が変わるのを待っていると、月が低くなり
見えにくくなってしまうので、実際に観測可能なのはMAXで
10°付近にまで降りてくる23時過ぎ頃まででしょうか。

土星と月のランデブーは、日没後早いうちから南南東の空で
確認することが出来ますので、早い時間帯からの観測を
オススメします。。。!


☆13日(金)
9月といえば『十五夜』。「まぁるいまぁるい十五夜さん♪」
という歌詞でもお馴染みですが、旧暦八月の  が十五夜
とされていることもあり、満月になるとは限らないんですよね。

今年は翌14日に満月になるということで、お天気が良ければ
比較的まぁるいお月様を見ることが出来るはず。。。☆
ちょうど連休に差し掛かるタイミングですし、たまには
ゆったりとした気分で眺めるのも良いかもしれませんね。


☆水星・金星・火星などの目視可能な惑星の幾つかが
9月初旬の現在、太陽と行動を共にしている状況です。
中旬〜下旬へと時間の経過に従って、また徐々に
それぞれが離れていくのですが、火星は太陽より先に
沈んでしまいますし、夕刻の水星・金星は10°よりも
上に見えることはなく。。。
いよいよ季節が秋へと差し掛かったことを感じますね。


先日、千葉県は九十九里の海で真夜中過ぎの夜空を
見上げたのですが、、、久しぶりに夏の大三角形も霞むほど
たくさんの星を見ることが出来ました。そして流れ星も☆ミ

東の空にはプレアデスも輝き、真上にはペガスス。
東西の星の賑やかさと、天頂の静けさの対比が美しく
この時季の星空観測も良いなぁ〜と、しみじみでした。

それでは、これからも引続き、やさしい『よるそら時間』を
お楽しみくださいね(*^^*)/


+++++++++++++++++++++++++++

“もっと知りたい!”という方は・・・コチラへ♪
【宙ガールがお届けする星空情報★よるそらナビ】
 http://www.yorusora.net/  ※リニューアル予定※

メルマガ:宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ

発行:よるそらナビゲーター みどり
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001570292.html


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*
posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆2019年8月の星空情報☆


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*


急激に暑い日が続くようになり、身体がだるいという方も
いらっしゃるのでは? 適度な水分補給と冷房の使用で
無理せずお過ごしくださいね。8月の星空情報をお送りします。


★9日(金):日没後〜23時過ぎ頃まで
19時前頃にお月様が、南の空高い位置に到達します(南中)。
そのやや左下には木星。お月様から下に視線を移してみると
赤くぼんやり輝きを放つ、さそり座のアンタレス。
3つの星が三角形を描くのは、この日の夜です。

23時をまわる頃にもなると、西の空10°あたりへ降りて
見えにくくなってしまうので、早めの時間帯がオススメ。


★12日〜13日(月〜火):日没後〜1時過ぎ頃まで
12日の17時半前に、0°42′の近さで接近する月と土星
ですが、さすがにこの時季は日没前ということで明るく
見えないかと思いますので。。。19時頃になって
辺りが暗くなり始めたら、南東の空をチェック。
丸くなり始めた月の上に輝く土星を見つけられます。

20時頃にもなると30°付近まで上がってきますので
2つの星を観測しやすくなりますが、徐々に離れていって
……いや、むしろ明るい月と土星が少し離れてからの方が
観測しやすいかしら?

21時半頃に南中しますので、お天気が良ければ
こちらのランデブーもお楽しみくださいね(*^^*)


☆月初からお盆過ぎの頃までは、毎年恒例の
『ペルセウス座流星群』ということで、楽しみに
していらっしゃる方も多いかと思うのですが…(^^;)
今年はピークとなるのが13日、満月が15日となり
少々見えにくいかな? という印象です。

ペルセウス座は、深夜0時を回った頃に北東の空へ
昇り始める星座で、金色に輝くカペラが目印。
おうし座のアルデバランや、プレアデス星団も
近くで輝く、冬の星座の仲間です。

お盆の頃の丸みを帯びたお月様が西の地平へと
降りてくる午前1時半〜2時過ぎから、東の空が
白み始める明け方くらいまでが流れ星タイムと
なるので、結構な早起きの必要があるかも?

1時間に流れる星の数は60〜70個程度と多いので
眺めてみて頂きたいところですが、無理はなさらずに。


新月で始まった8月ですが、今月は月末30日にも新月が
控えているということで、ブラックムーンなのだとか。
色々な呼び方が増えて、皆さんの宙への関心の高まりを
感じられて、ほんわか嬉しい気がします♪

今週1週間を終えると、お盆休みに入るという方も
多いのではないでしょうか?
海や山での事故には充分注意しつつ、夏の星空をぜひ
お楽しみくださいね。。。(#^^#)♪


+++++++++++++++++++++++++++

“もっと知りたい!”という方は・・・コチラへ♪
【宙ガールがお届けする星空情報★よるそらナビ】
 http://www.yorusora.net/  ※リニューアル予定※

メルマガ:宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ

発行:よるそらナビゲーター みどり
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001570292.html


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*
posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆2019年7月の星空情報☆


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*


発達した線状降水帯によって雨が降り続き、不安な
日々をお過ごしの方も多いかと思います。
大きな災害に繋がらないことを心よりお祈りしつつ。
晴れた空を思い浮かべて!7月の星空情報をお送りします!


★13日〜14日(土〜日):日没後〜1時過ぎ頃まで
木星と、満月目前のお月様とのランデブーに
さそり座アンタレスが入り込んで三角形を
形作るのが、この日の夜。

21時頃にはお月様が真南付近に到達しますが
月の左側に輝く木星と、月の右下やや離れた場所で
ぼんやりと赤く輝くアンタレスを見つけられます。


★16日〜17日(火〜水):日没後〜4時過ぎ頃まで
木星とお月様のランデブーがあった数日後には
土星とお月様のランデブーが控えているこの頃。。。
実は密かな楽しみになっている方も多いのでは?

16日の15時前に、土星と月との最接近があり
この時は0°34'にまで近付いているので
そちらも観たかったのですが、今回は日本から
見えないということで…
お月様の傍から離れゆく土星をお楽しみください☆


☆7月10日頃から8月5日頃にかけての「やぎ座流星群」
そして、7月15日頃から8月15日頃にかけて流れる
「みずがめ座流星群」が、それぞれ26日・28日に
極大(ピーク)を迎えます。
前者は1時間当たり10〜15個。後者は30〜35個程度と
それほど多いとは言えないのですが、今期はちょうど
下弦〜新月になっていくタイミングでのピーク☆ミ

やぎ座もみずがめ座も、20時頃に東の空を昇り始め
23時頃には南東の空10°〜40°くらいまでの高さに
大きく浮かんでいます。

この辺りを輻射点として流れる流星群♪
お天気が良ければ是非、空を眺めてみてくださいね!


あちらこちらで夏祭りの準備に入っている光景を
見る季節になりました。なんとなくウキウキして
夜祭りの帰りに見上げた星空を思い出します…

雨の多い季節ではありますが、、、
晴れ間にはどうぞ夜空をお楽しみくださいね(*^^*)


+++++++++++++++++++++++++++

“もっと知りたい!”という方は・・・コチラへ♪
【宙ガールがお届けする星空情報★よるそらナビ】
 http://www.yorusora.net/  ※リニューアル予定※

メルマガ:宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ

発行:よるそらナビゲーター みどり
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001570292.html


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*
posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆2019年6月の星空情報☆


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*


北海道で40℃近い気温が観測されるなど、暑すぎる
5月でしたが、ちょこっと落ち着いて一安心♪
全国的に雲が多めながら、穏やかな月曜日ですね。
さぁ、本日も6月の星空情報をお届けします。


☆11日(火):木星が衝(しょう)となります。
衝の時期の惑星は、地球から見た時に太陽と
正反対(180°)の位置にあり、大きく明るく見えます。
その為、日没頃に東の空に姿を表し一晩中観測を
楽しめる絶好の機会となるわけです(#^^#)♪

今月は17日が満月となり、木星とまんまるお月様の
デュエットが見られる予定ですが、煌々とした
月光にも負けない木星の輝きが見られるはず☆
お天気が良ければ、17日の星並びと併せて
眺めてみてくださいね!


★18日(水):19時過ぎ〜20時頃まで

6月を通して、日没直後の西の空低い位置に
姿を表している火星と水星ですが、現時点で
高い位置にあるのは火星。
そこに水星が最接近するのが、19日未明の2時前です。
・・・とはいえ、日本からの観測は難しいので
こちらでは「この時間、この方角なら見えるかな」
というところをご案内(*^^*)b

18日の夕方、まだ明るさの残る時間帯ですが
西の空の低い位置が開けている場所がありましたら
10°前後の位置に接近した状態で輝く火星と水星を
見つけることが出来ますよ♪

ですがご存知の通り、火星と地球とが接近する周期は
2年2ヶ月毎。前回の接近が昨年7月末でしたので、
今頃は地球から最も遠いところに向かっている
真っ最中なんですね。。。
普段は目視も可能な火星ですが、望遠鏡や双眼鏡が
あったほうが探しやすいかと思います(^0^)v


接近する度に話題になる火星ですが、最も遠ざかって
いくタイミングの時に話題にさせて頂きました。
今はまだ太陽の後に沈む火星ですが、8月末頃には
太陽と共に。以降、日没前に沈んでいってしまうので
ちいさく見える火星も、しばらく見納めとなります。

夜空を楽しむには、寒くもなく良い季節となりますね。
梅雨の晴れ間には是非、夏の星空をお楽しみください☆


+++++++++++++++++++++++++++

“もっと知りたい!”という方は・・・コチラへ♪
【宙ガールがお届けする星空情報★よるそらナビ】
 http://www.yorusora.net/  ※リニューアル予定※

メルマガ:宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ

発行:よるそらナビゲーター みどり
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001570292.html


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*

posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆2019年5月の星空情報☆


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*


GWも、残すところ2日となりましたね☆
お天気も良さそうですが大気の状態にはご用心!
それでは、5月の星空情報をお届けします。


☆いま、みずがめ座流星群のピークです☆
今月初旬〜10日頃にかけてピークを迎えている
みずがめ座流星群。1時間当たりに流れるとされている
星の数は15〜20個弱と少なめですが、今回は5日が
新月のタイミングということで、チャンスあり!
「今日、明日は何しよう。。。」
「もう色々やり尽くしたよ〜」
という方は、日中はゆっくりと身体を休めて
未明からの流れ星探しなんて如何でしょうか?

この時期、みずがめ座が東の地平に姿を現すのは
日付が変わってからのこと。
午前1時頃には10°の高さを超えてきますが、東の空に
みずがめ座全体を見ることが出来るのは、早朝3時頃です。

比較的見つけやすい夏の大三角形を目印に、その左下の
秋の四辺形(ペガスス座)を見つけたら、その右側に
あるのが みずがめ座。
ですが、暗い星が多いので星座自体を見つけるのは
もしかしたら難しいかもしれません。

ざっくりと、夏の大三角形の下辺りが輻射点と押さえて
温かい飲み物を片手に、のんびりと探すのがオススメ。
この時期は木星や土星、さそり座のアンタレスなど
見つけやすい星も多いので楽しめると思いますよ♪


★20日(月)〜21日(火):21時頃〜明け方まで
20日21時頃に東の地平10°付近を昇り始めるお月様。
19日が満月ということもあり、煌々と明るく輝いて
いることと思いますが、どうぞお月様に寄り添う
木星の姿も探してみてくださいね。

日付が変わった21日の午前2時36分頃には、木星と月が
最接近して、0°52分の近さで観ることが出来ます。
もし望遠鏡や双眼鏡をお持ちのようでしたら、
この夜は衛星4つもしっかり見えていますので是非♪

なお23日(木)9時過ぎには、土星と月とが0°59'の
近さに接近しますが、この時間帯の観測は難しいので
未明の空でお楽しみください。

22日の23時過ぎに東の空を昇り始める土星。。。
関東地方なら4時半前に日の出を迎えるので、明け方
4時過ぎまでがチャンス。南南西の空に煌めくお月様と
土星のコラボレーションも、あわせてどうぞ☆


北関東では田植えの準備と、大空を泳ぐ鯉のぼりが
ゆったりとした気分にさせてくれる季節となりました。
連休終盤という方も、絶賛バタバタ中!の方も
どうぞココロ穏やかな時間をお過ごしくださいね(*^^*)b


+++++++++++++++++++++++++++

“もっと知りたい!”という方は・・・コチラへ♪
【宙ガールがお届けする星空情報★よるそらナビ】
 http://www.yorusora.net/  ※リニューアル予定※

メルマガ:宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ

発行:よるそらナビゲーター みどり
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001570292.html


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*
posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆2019年4月の星空情報☆


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*


都内の桜は満開となりましたが、寒の戻りも手伝って
北関東の桜は五分咲きというところも多いような?
花冷えの朝! 4月の星空情報をお届けします。


★9日(火):日没後〜21時頃
関東エリアであれば18時を回る頃には日が沈み
夜の時間が始まっていきますが、19時頃になったら
西の空約30°辺りに浮かぶ月を探してみてください。

三日月と称ぶには、ちょっとしっかりめのお月様を
見つけられたら、その左上にあるアルデバランと
右上にある火星とを探してみましょう。
少々目と目の間が空いている印象はありますが
久し振りに夜空の笑顔(・_・)を見ることができます♪

21時頃になると10°の低さになってしまうので
観測するのであれば早めの時間がオススメ。
お花見を兼ねて夜のお散歩にもいいですね☆


☆今月は、こと座流星群が19日〜25日頃にかけてあり
22日にピークを迎えるのですが、満月から下弦へ向かう
タイミングとなることもあり、流れ星探しは
なかなか至難の業になるかもしれません。

また、23日深夜(23時半に10°付近)には木星が
26日未明(1時半頃に15°付近)には土星が、月と
並んで東の空を昇り始めますが、こちらについても
大接近! という程ではないので必見という程では
ないかも。。。

GW前の平日ということもありますし、夜中に目が
覚めてしまったら眺めてみるくらいの感覚で
ゆる〜く楽しんで頂けたらと思います♪


予報によれば、今週末は一気に暖かくなるようですが
等圧線の間隔を見ると、今日から明日まで風が強そう
なので桜が散ってしまわないか気になるところ。

お花見の予定がおありの方は、羽織物を持って
お出掛け下さいね♪


+++++++++++++++++++++++++++

“もっと知りたい!”という方は・・・コチラへ♪
【宙ガールがお届けする星空情報★よるそらナビ】
 http://www.yorusora.net/  ※リニューアル予定※

メルマガ:宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ

発行:よるそらナビゲーター みどり
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001570292.html


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*
posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆2019年3月の星空情報☆


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*


1月往く月、2月逃げる月、3月去る月…とは、よく
言ったものですが、もう春の足音が聞こえてきましたね♪
雨降り続きの空模様ですが…3月の星空情報をお届けします。


★13日(水):日没後〜23時半過ぎ
上弦を目前に控えた月と、アルデバランが接近!
20時半前頃には、1°37'の近さで寄り添います。

黄道近くに位置するアルデバランと月とは仲良しで
ちょこちょこアルデバラン食も起きていますが
アルデバラン食が初めて観測されたのは、1510年前。
西暦509年の3月11日なんですね。
全天に21個ある一等星の1つでもあり、
冬のダイヤモンドを形作る恒星、アルデバラン。
ぜひ、お月様との共演もお楽しみくださいね☆


★27日(水)〜30日(土):未明〜夜明け前
27日午前1時頃、南東の空の低い位置に
木星と月とが並んで昇り始めますが、この頃から
数日に亘って、月が惑星の間を移動していく様子を
眺めることができますよ♪

29日2時半頃には、同じくらいの位置に土星と月が
並び、翌30日には土星を追いかけるような月の姿が。

28日が下弦の月ということで、明るすぎることもなく
また真夜中〜早朝とはなりますが、寒さも緩んでくる
時季ですので、宜しければこちらも是非 (*^^*)


そろそろ桜の便りも届き始めますね。
待ち遠しかった春が、いよいよやってきます♪



+++++++++++++++++++++++++++

“もっと知りたい!”という方は・・・コチラへ♪
【宙ガールがお届けする星空情報★よるそらナビ】
 http://www.yorusora.net/  ※リニューアル予定※

メルマガ:宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ

発行:よるそらナビゲーター みどり
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001570292.html


*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*
posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    
   


お試しセット販売