皆既日蝕と女王卑弥呼/2017年8月新月期のよるそら


2017年8月22日【月齢:0.9】


日本時間では深夜から未明にかけての
天体ショーとなった、アメリカ皆既日食。

アメリカといっても、広範囲に亘りますから
雨降りで見られなかった方、これ以上ない
くらい絶好のお天気で見られた方と
悲喜こもごもだったようですが・・・

本日も、皆さんこんばんは (#^^#)
【よるそらナビゲーター】 みどり です♪

日本で次に見られる皆既日食は、2035年
9月2日に茨城県に於いてとのことで、日本の
ほぼ大部分のエリアでは部分日食が観測される
ということなのですが。。。
当日の茨城のお天気が、今から楽しみです(笑)

さて、ほんじつもゆるっと進めて参りましょう。
よるそら を、どうぞ宜しくお願い致します!


【本日のご案内】
☆女王卑弥呼と皆既日食


日本の古代史の中にも様々な天体現象が
登場しますが、その中でも個人的に
最も関心が高いのが、邪馬台国の女王
卑弥呼と皆既日食の関係です。

子どもの頃に読んだ歴史漫画の中では
皆既日蝕を予言しそれが実際に起こったことで
民衆が卑弥呼を女王として認めるという流れが
あったのですが、歴史を専門に研究する方々
によれば、皆既日蝕は卑弥呼の死と関連している
可能性が高いのだとか。

実際、247年3月24日の夕刻及び翌年の
248年9月5日早朝には、かつて邪馬台国が栄えたと
される九州北部にて皆既日蝕が観測されています。

邪馬台国の正式な位置は未だ確認されていないので
様々な文献をもとにおおよその位置を定めて
【SUPER STAR】でも調べてみましたが
確かに! 日の入りの時刻と日の出の時刻に
合わせたかのような皆既日蝕が起きていました。

あくまでも一説によると、ではありますが
卑弥呼は、日巫女とも日御子にも通じるとされ
太陽に仕える巫女、或いは太陽神の御子という
意味を持っていたのが事実だとすれば・・・

その太陽が、何物かによって覆い隠される。
場合によっては食べられてしまうようにも見える
皆既日蝕は、人々の気持ちを不安にさせるもの
以外の何ものでもなかったかもしれませんね。


『古事記』や『日本書紀』などでも
天照大御神(アマテラスオオミカミ)若しくは
天照大神(アマテラスオオカミ)という名前で
太陽神として表される女性の神様がいますが

・・・農業や漁(猟)で食料を得ることを
主として、生活を営んでいた人々にとっては
太陽が隠れてしまうことは、おそらく耐え難い
ほどの脅威だったのではないかと思います。


卑弥呼の時代からかなりの年月が経ったにも
関わらず、宇宙についてはまだまだ未知ですが。

いま一度、畏怖・畏敬の気持ちを胸に
空を眺める時間を持ちたいなぁと思います。。。☆


次回は8月29日、半月の夜にお送りします。


    ☆☆毎月1回、メルマガ配信中です!☆☆
【宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ】
 http://www.mag2.com/m/0001570292.html



posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の星空、夏に楽しんじゃいましょ♪/2017年8月下弦期のよるそら


2017年8月15日【月齢:23.2】


天気予報によれば、全国的に
雨模様となった終戦記念日の本日。
1日中強い雨が降り続いたエリアもあった
ようですが、皆さんがお住まいの場所では
如何でしたでしょうか?

今宵も「皆さん、こんばんは♪ 」
【よるそらナビゲーター】 みどり です!


【本日のご案内】
☆冬の星空を楽しめます!
 月と金星との星並びもチェック♪


201708190300-1.jpg


既に早朝にもなると、冬の星座が
東の空を彩っていますね☆

上の画像は19日は3時頃の空模様。。。
冬を代表する星座、オリオンやふたご座の
傍に細い月と金星が並び、賑やかな印象です。


201708190300-2.jpg


恒星の名前を表示してみましょう。
アルデバランの上には、プレアデス星団も
見えていますね (#^^#)b

星座は、というと。。。


201708190300-3.jpg


星と星とを結んだ星座図を重ねると
このように出ているのが判ります。

まもなく終わりを迎える流星群の輻射点、
ペルセウス座も、高い位置に見えています。


201708190400-1.jpg


4時頃になると東の空が白々と明け始め
ますので、その少し前からお散歩をしながら
星空を楽しむのもオススメです。。。☆


201708190400-2.jpg


19日早朝(4時頃)の月齢は26ですので
細いながらもはっきりと見えるお月様 (*^^*)
お天気が良ければ、明けの明星と共に
なんだかかわいらしい星並びが楽しめます♪



梅雨明けしたにも関わらず、はっきりしない
お天気が続いて、、、むしろ梅雨時期のほうが
暑かったような今年。
体調が付いていかないですよね (^^;)

今後のお天気がどのようなものかは
判りませんが、体調管理には気をつけて。
引き続きステキな時間をお過ごしくださいね☆



次回は8月22日、新月の夜にお送りします。


    ☆☆毎月1回、メルマガ配信中です!☆☆
【宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ】
 http://www.mag2.com/m/0001570292.html



posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週末はペルセウス座流星群をチェック☆/2017年8月満月期のよるそら


2017年8月8日【月齢:16.2】


月食の日に、まさかの台風接近となった
関東エリア。。。(^^;)A
今回の台風は、かなり長寿とのことで
各地で被害が出ているようですが
皆さんお住まいのエリアでは
如何でしょうか?

今宵もゆるりと、「こんばんは! 」
【よるそらナビゲーター】 みどり です。

以前は台風や爆弾低気圧? が近付くと
妙に身体全体が重かったりだるかったり
したのですが、年齢を重ねるにつれて
そんなこともなくなってきました。

繊細さが失われたのか、はたまた
〇〇の皮が厚くなったのか・・・?

ともあれ☆ 健康になれているなら何より♪
と、いうことにしておきましょう p(^^)q
本日も、よるそら を、どうぞ宜しくお願い致します。


【本日のご案内】
☆いよいよ8月のお楽しみ!
 ペルセウス座流星群をチェックです♪


201708132000-1.jpg


まずは、今回の流星群がピークとなる
13日の夜空から見ていきましょう。

上の画像は、13日20時頃の北東の空・・・
高い位置では、夏の大三角形が輝いており、
昇り始めたばかりの秋の四辺形(ペガスス)も
下の方に見えていますね。


201708132000-2.jpg


地上系や黄道、星座図なども重ねてみましょう。

画像でいうと左下の方。
カシオペア座の後を追うように、今回の流星群で
輻射点となるペルセウスの上半身が
昇り始めるのは、この頃です。

20時頃ですと、まだ辺りはぼんやりと明るいので
(東京基準)流れ星は見つかりにくいかも
しれませんが、「お盆休みなんてないよ! 」と
いう方は、この週末早めの時間帯にチェックを。


201708132200-1.jpg


・・・と、オススメするのも実は。
22時頃になると、まだまだ明るいお月様が
東の地平に姿を表すからなんですね。。。


201708132200-2.jpg


15日に下弦の月となるので
全体的にも丸みの残るお月様。

ズームアップしてみると、ペルセウス座の
大きさゆえに、さほど影響は無さそうにも
思えてしまうのですが、そこはやはり
地球にもっとも近い星(衛星)ですので(^^;)
侮るわけにはいきません。


201708132300-1.jpg


23時を過ぎると、10°を超えて昇り
少なからず影響を与えるかと思いますので
゛よりによって、どうしてピークの日に
 ペルセウス座と並んで昇ってくるのよ〜” という
言葉はグッと飲み込んで、翌日以降に期待しましょう。


1時間当たりに流れる星の数は、60〜70個程度と
されており、今回のコンディションは微妙と
いえども、星空全体を眺めるようにしていれば
1つや2つ、見つけられる可能性も大☆彡

せっかくの日曜日ですし、どうぞお友達と
ご家族と、そして恋人同士でも♪
流れ星探しをしてみて頂けたらと思います。

18日頃までペルセウス座流星群の期間は続き
22日が新月とのことですので、もしかすると
次の週末頃に見上げてみても、流れ星が
見つかるかも。。。?

18日深夜(19日未明)ともなると、月はかなり
細くなり、昇り始める時間も午前2時過ぎと
かなり遅くなりますので、ペルセウス座流星群の
名残を楽しむのも、また一興かと思います♪


今回は「コンディション抜群! 」とは言いにくい
けれど、それでも週末及び月が欠けていく
タイミングでのペルセウス座流星群。

日中の暑さには抗わず、無理をせず。
引き続きステキな、よるそら時間 を
お過ごしいただけたら幸いです (*^人^*)


次回は8月15日、半月の夜にお送りします。


    ☆☆毎月1回、メルマガ配信中です!☆☆
【宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ】
 http://www.mag2.com/m/0001570292.html





posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月は天体ショーが目白押しです♪/2017年7月上弦期のよるそら


2017年7月31日【月齢:8.2】


日本最大級の星まつりイベントも終わり
なんだかすっかり夏も終わりの気分
ですが・・・それは例年であればこそ。
今年の夏は、まだ始まったばかり
なのですよね (^^;)A

本日も、皆さん「こんばんは☆」
【よるそらナビゲーター】 みどり です!

史上初の7月開催となった今回。
土星の位置も例年よりも高く、個人的にも
期待度大で臨んだのですが、重要なことを
1つ見落としていました。。。
新潟は、この時期は梅雨明け前なんですね〜

残念ながら3日間を通して雲が多く
星空は思いのほか楽しめませんでしたが、
今年も多くの方にお会いでき、心に残る
回となりました♪ ありがとうございます☆


さてさて、またも前置きが長くなりましたが
今宵もゆるりと進めて参りましょうね (#^^#)
よるそら を、宜しくお願いします☆


【本日のご案内】
☆2つの流星群のピークと
 全国で確認出来る部分月食をチェック!


7月満月期のよるそらでもお伝えした
やぎ座流星群とみずがめ座流星群。。。
この2つの流星群の2回目のピークが、
それぞれ今月初旬に訪れます。

まず、2日がやぎ座流星群のピーク。
そして6日は、みずがめ座流星群ピークですが
1時間当たりに流れる星の数は少なく、10〜13個
程度となりますので、「見つけられたらラッキー♪」
くらいの希少な数となっています。

ですが、流れ星を見られる期間自体は長く、
8月下旬までとなっていますので、晴れた日には
根気よく星空を眺めることがポイント p(^^)q
輻射点については、お手数ですが7月9日の記事を
ご確認頂けたら幸いです♪


201708080302.jpg


さて、今回の注目は8月8日の早朝!
西の空では全国的に部分月食が見られます。

画像は8日の午前3時2分。
東京から眺めた月の位置になりますが
20°程の高さになりますので、観測も
しやすい高さかと思います☆

月の欠け始めは2時23分頃で、終わりは4時18分頃。
最大に欠けた3時過ぎの時点で、0.22と
左下がちょこっと欠ける程度になってしまいますが
お天気が良ければ是非、望遠鏡や双眼鏡を使って
沈みゆく月の欠け具合をお楽しみくださいね♪

もしかしたら、週末13日にピークを迎える
ペルセウス座流星群の流れ星を見つけられる
かもしれませんし・・・☆ミ
※この件については、また次の機会に♪


今年の8月は、流星群の他に月食&日食が
楽しめる貴重な夜空となっています (*^^*)
暑さも徐々に本格的になりますが、どうぞ
体調に充分注意して、お楽しみくださいね!



次回は8月8日、満月の夜にお送りします。


    ☆☆毎月1回、メルマガ配信中です!☆☆
【宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ】
 http://www.mag2.com/m/0001570292.html








posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次の週末は胎内市へGo♪/2017年7月新月期のよるそら


2017年7月23日【月齢:0.2】


関東エリアも梅雨明けし、
いよいよ夏本番になりますね♪

学生さん達は夏休みに入ったのでしょうか?
いつもより空いている電車内に比べて
日中の時間帯に子ども達を見かけることが
多くなってきたような気がします。

今宵も、皆さんご機嫌如何でしょうか?
改めまして、こんばんは! (#^^#)/
【よるそらナビゲーター】 みどり です。。。

いよいよ金曜日から日曜日にかけて
新潟県胎内市での星まつりが開催されますね☆
昨年に引き続き、星空シミュレーションソフト
『SUPER STAR』でお馴染みの【Seeds Box】は
初日から会場入りする予定ですので・・・
是非、ブースに遊びにいらしてください♪

・・・と、いうわけで、
今宵も、よるそら を、宜しくお願いします!


【本日のご案内】
☆今年は希少な7月開催!
 胎内星まつりを、チェック♪

例年ですと8月の終わりに開催される
胎内星まつりは、今年で34回目を迎える
天文ファンのなら知らない人はいない! と
断言できるほど長く続いているイベントです。

私が初めて足を運んだのは2009年のことで
その頃は天文家の方ばかりの祭典という印象が
強かったのですが(あくまでも個人的印象です)、
ここしばらくはファミリー層もかなり多くなり
イベント会場と隣接するキャンプ場や、近くの
ホテル・市営宿泊施設などを利用して、泊りがけで
楽しんでいかれているようです (*^^*)

コンビニエンスストアやスーパーなどは
近くにありませんが、会場内では地元の方々が
作られた美味しい炊き込みご飯やおにぎり、
野菜のほかに売店などもたくさん並び、
夜には天の川も見える程の満天の星空♪

会場内の至るところに設置してある望遠鏡や
双眼鏡で、専門家の皆さんのレクチャーを
受けながら天体観測が出来、しかも入場は無料!
天文ファンの方のみならず、誰にでも楽しい
星空の祭典となっています☆

テニス大会、トレッキング、自然散策のほか
ロケット実験教室や、天然石を用いたアクセサリー
教室など、老若男女を問わず何かしらアンテナに
引っ掛かるものがあること間違いなし! ですので
是非、足を運んでみてくださいね (^^)b

なお、Seeds Box のブースでは
今年も胎内星まつりの夜空を楽しめるものを
部数限定で無料配布予定。。。(#^^#)
宜しければ、お手に取ってみてください♪

【胎内星まつり】
http://www.tainai.jp/2017/index.html



それでは、また会場でお目にかかります♪

次回は7月31日、半月の夜にお送りします。


    ☆☆毎月1回、メルマガ配信中です!☆☆
【宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ】
 
http://www.mag2.com/m/0001570292.html













posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

判りやすいカタチも人気の星座達♪/2017年7月下弦期のよるそら


2017年7月17日【月齢:23.5】


子どもの頃を思い返すと、
梅雨の時季って、なんとなく憂鬱な
灰色の空と、対照的に鮮やかな地上の
アジサイのイメージなのですが。。。

今年は、雲多めながらも蒸し暑い日が
連日のように続いている印象の関東エリア。
皆さま、如何お過ごしでしょうか?

本日も、こんばんは☆
【よるそらナビゲーター】 みどり です。

夜も例年より星が見えていることが
多いような気がしています (#^^#)
週末などに、ちょっと夜更かししてでも
楽しみたいゆるり時間ですね☆

さぁ、本日もそろそろと始めて参りましょう!
よるそら を、どうぞ宜しくお願い致します☆


【本日のご案内】
☆見つけやすい夏の星座!
 判りやすいカタチもポイント♪


201707202100-1.jpg


まずは、今時期の夜空から。。。
上の画像は、21時頃の南の空 (*^^*)
これくらいの時間帯になると、ようやく
夜の闇が降りてきた感じがしますよね。

高過ぎず低すぎず、ちょうど見つけやすい
高さに土星が輝いており、その右側には
もしかしたら土星よりも見つけにくいかも
しれませんが、赤いアンタレスを見つける
ことが出来ます♪


201707202100-2.jpg


高さにして、だいたい30°付近ですね。

見つけやすい星としては、この他にも
木星やスピカ、アークトゥルスにアルタイル。
画像にはありませんが、ベガやデネブなども
覚えておくと更に夜空を楽しめます♪


201707202100-3.jpg


星座図を重ねてみました。

今回、ぜひ探してみて頂きたいのが
さそり座と、かんむり座なのですが、
さて皆さん。何処にあるか判りますか?


201707202100-4.jpg


この2つですね♪

夜空を彩る星座は数多くあれど
星座の名前とイメージ上の形とが一致する
ものって、なかなか少ないのですが (^^;)A
これらの星は、とても判りやすいので
初心者さん向けの観望会などでも、かなり
人気が高いことで有名です♪


今月は23日が新月ということで
今のタイミングは、月の光の影響を受けにくく
星座探しには本当に良い時季。。。p(*^^*)q

雲の少ない夜には、流れ星探しと併せて
どうぞこれらの星座も見つけてみてくださいね♪


いよいよ、夏祭りや花火大会などの
イベントシーズンに突入しますね☆
皆さま、ご予定は如何でしょうか?

「咽喉が渇いたな〜」と思ってからの
水分補給では、かなり遅過ぎるのだとか。
この夏も、ちょこちょこと水分&ミネラル&
塩分補給をして、元気に過ごして参りましょうね♪


次回は7月23日、新月の夜にお送りします。


    ☆☆毎月1回、メルマガ配信中です!☆☆
【宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ】
 http://www.mag2.com/m/0001570292.html





posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月の流れ星が飛び始めます♪/2017年7月満月期のよるそら


2017年7月9日【月齢:15.5】


先日は近年珍しいほどお天気の良い
七夕の夜でしたね (*^^*)
十三夜のお月様が煌々と輝きましたが
彦星(牽牛星)も織姫(織女星)も
しっかり見ることが出来ました♪

久し振りに飾った笹は、未だに部屋の中。
そろそろ片付けなきゃなぁ〜と思いつつ
カラフルな飾りを楽しんでいます。。。
本日も、皆さん「こんばんは! 」
【よるそらナビゲーター】 みどり です。

メルマガでもお知らせしましたが、いよいよ
今月後半にピークを迎える2つの流星群が
夜空に見られる頃となってきましたよ♪

では早速、進めて参りましょうか (#^^#)
本日も、よるそら を宜しくお願いします!


【本日のご案内】
☆今月は2つの流星群・・・♪
 気になる輻射点をチェック!


201707122200-1.jpg


まずは、こちらを参考に見ていきましょう。
上の画像は12日の夜、22時頃の東の空・・・
空の高い位置には、夏の大三角形が
はっきりと見えていますね♪

徐々に欠け始めた月が昇り始めるのは
今回の主役でもあるやぎ座とみずがめ座の
ちょうど中間地点あたりとなります。

月の出の時間は変わっていきますが、
星座の見える位置は殆ど変わりませんので
これくらいの時間に、この辺りに出ていると
そんな風に思っていて頂ければと思います。


201707122200-2.jpg


星と星とを線で結んだ、
星座図を重ねてみましょう。

22時頃であれば、夏の大三角形の真下に
追いかけるように見えていますね☆
この辺りを中心に、空全体に流れて見えます。
噴水の水のように飛び出していくイメージと
いうと判りやすいでしょうか?


201707122200-3.jpg


星座絵も重ねてみましょうか (*^^*)v

26日にピークを迎えるのは、やぎ座流星群。
こちらは1時間当たりの出現数が10〜15個程度と
少なめですが、今月10日頃〜来月5日頃まで
長い期間に亘って観測出来る流星群です。

そして、28日にピークとなるのが
みずがめ座流星群。
こちらのほうが、やや流れる数が多く
1時間当たりですと30〜35個程度とされています。

今月半ばから来月半ばにかけて流れるので
こちらも楽しめる期間は眺めですね♪
今のうちにしっかりと、星座の位置を確認し
お天気が良ければ、どうぞ流れ星探しを
楽しんでくださいね ☆彡


次回は7月17日、半月の夜にお送りします。


    ☆☆毎月1回、メルマガ配信中です!☆☆
【宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ】
 http://www.mag2.com/m/0001570292.html



posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七夕の夜の星模様/2017年7月上弦期のよるそら


2017年7月1日【月齢:7.5】


沖縄エリアに続いて奄美地方も梅雨明けした
とのことで、気になってしまった今年の
関東エリアの梅雨明け予報。。。

平年だと21日頃とのことですが
去年は月末にまでずれ込んでいたのですね。

新潟県は胎内市での天文イベントが、今年は
今月末に控えていることもあり、できれば
早めに梅雨明けしてほしいと思いつつ・・・
本日も、みなさん「こんばんは! 」
【よるそらナビゲーター】 みどり です。

今夏はアメリカで皆既日蝕が見られることから
例年であれば8月下旬に行われている天文系の
イベントは、スケジュールをずらして
開催されるようですので。。。
どうぞ、ご注意くださいね (#^^#)

さてさて、それでは始めてまいりましょう。
本日も、よるそら を宜しくお願い致します♪


【本日のご案内】
☆今年の七夕は満月目前!
 気になる空の星模様は・・・?


20時頃に夜空を見上げてみると
やはり、まだまだ明るいですよね (*^^*)
夜空を眺めつつのお散歩には最適なのですが
観望というには、いまひとつ。。。

と、いうことで
もう少し暗くなってからの空を♪


201707072100-1.jpg


こちらは、7月7日21時頃の南東の空。。。

画像で見ると、さほど気になりませんが
この日は南寄りの空、30°付近に
月齢13の月が輝き、その傍には土星。
更に右へと視線を移していくと
さそり座のアンタレスが見つかります。

左側(東の方向)を見てみると
明るく輝く3つの星が、夏の大三角形を
形作っているのが判りますね☆


201707072100-2.jpg


星と星とを結んだ星座図を重ねてみましょう。

わし座には、牽牛星とされるアルタイル。
こと座には、織女星とされるベガが輝き、
間には、天の川に橋を架けて恋人達を
引き合わせようとするカササギの姿が・・・

って、あれ?
はくちょう座なのに、カササギ?

色々と調べてみると面白そうです ☆


201707072100-3.jpg


最後に、わし座とこと座の星座絵を。。。

7日の夜は晴れたとしても
月の位置・月齢共に、星の観望には
向いていないかもしれませんが (^^;)A

梅雨明けの頃には、また少しだけ
夜の時間も長くなってきますし、
引き続き是非夏の夜空をお楽しみ
頂ければと思います♪


次回は7月9日、満月の夜にお送りします。


    ☆☆毎月1回、メルマガ配信中です!☆☆
【宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ】
 http://www.mag2.com/m/0001570292.html


posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の夏至は21日♪短い夜を楽しんで!/2017年6月下弦期のよるそら


2017年6月17日【月齢:22.8】


夕食の時間に、外で何やら音がするので
窓を開けて様子を見ていると、夜空に
大きく花火が上がっていました。

近所の花火工場? の方が
試し上げをされているようなのですが
毎年のことながら、夏の訪れを感じます。。。
本日も、皆さん「こんばんは! 」
【よるそらナビゲーター】 みどり です☆

お天気は相変わらず不安定ということで
父の日もぐずついたお天気とのこと。
満天の星空が待ち遠しいこの頃ですね♪

さてさて、本日も進めて参りましょう。
よるそら を、どうぞ宜しくお願い致します (^^)


【本日のご案内】
☆今年の夏至は21日・・・
 あなたは、どのように過ごしますか?


201706212000-1.jpg


こちらは、21日水曜日の20時頃。
南の空を見上げると、高い位置に木星が輝き
その左下の方には、青白くスピカのきらめきを
見つけることが出来ます。

この頃にアークトゥルスが南中していますが
いかんせん日没が19時頃ということで、20時と
いってもまだまだ明るいのが難点。。。!

星々の位置は若干ずれてしまいますが
明るさの点でいうなら、21時頃を待った方が
観測には適しているかと思います (^^;)A


201706212000-2.jpg


星と星とを結んだ星座図を重ねてみましょう。

この時間帯ですと見つけにくいかもしれませんが
南東の空低い位置には、土星も昇り始めています。
土星を見つけることが出来れば、その右に
さそり座のアンタレスも探し出せるはず♪


201706212000-3.jpg


さて、東の空を見ていきましょう。

夏の大三角形が、ゆっくりと
その大きな形を表し始めていますね。
土星と、北天の北極星との間辺りに
見つけることが出来ますので、こちらも
要チェックです♪


201706212000-4.jpg


西の空は、といえば
日没から1時間が経過したとはいえ
星の観測は、ちょっと難しいかもしれません。

今年はこちらの方角で明るく輝く星がないので
それがちょっと残念なところ。。。
この日を過ぎれば、徐々に夜の時間が長く
なっていきますので、この機会にぜひ
短い夜を楽しんでくださいね☆


今年は24日に新月を控えているので
夏至の夜は、ほとんど月の影響を受けません。

今年もキャンドルの灯りの中で
夕食を摂ろうかなぁなんて思っていますが
趣向を変えて、バスタイムにも取り入れて
みようかな? なんて思ったり・・・♪

皆さんも、ステキな時間をお過ごしくださいね☆


次回は6月24日、新月の夜にお送りします♪


    ☆☆毎月1回、メルマガ配信中です!☆☆
【宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ】
 http://www.mag2.com/m/0001570292.html


posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月影とか、星影とか・・・?/2017年6月満月期のよるそら


2017年6月9日【月齢:14.8】


関東エリアも梅雨入りして
雲の多い日も続くようになりました。。。

星空を見上げようにも、暑い雲に覆われ
思うように見られない日も増えてきましたが
皆さん、如何お過ごしでしょうか?

本日も、こんばんは☆
【よるそらナビゲーター】の みどり です!

前回も予告させて頂きましたが
今回は星空豆知識のかたちでお送りします☆
それでは。。。早速♪
今宵も よるそら を、宜しくお願いします。


【本日のご案内】
☆影っていうけれど・・・?


「星影」や「月影」といった言葉があります。

古人の歌には
「月影のいたらぬ里はなけれども
   眺むる人の心にぞすむ」 法然上人
・・・と、いうものがありますし、
『星影のワルツ』という歌(歌謡曲)が
過去にはヒットして、知られていますよね (^^)

法然上人の歌の意味は
「月影が届かない里は無い(里のどこにでも届く)
 けれども、それを眺める人の心にこそ、その光は
 はっきりと存在しているのだ」
・・・と、なります。

あれ?
「影」といっているのに、どうやら「光」を
表しているように思いませんか?

*******************************

調べてみると、「影」には私達がよく用いる
「光が物体に妨げられて見えない、或いは
 見えにくくなっている部分」という意味のほか
「光」そのものを指す場合があるのです。

火の光や灯の光を指す「火影(灯影)」なんて
言葉もありますよね (*^^*)b

ですから、「月影」「星影」という言葉が
出てきた時は、その陰の見えにくい部分ではなく
「光」そのもののことと思って頂ければ大丈夫☆

ご自分でも、ちょっと使ってみたり
豆知識として披露してみたりしても
いいかもしれませんね (#^^#)v


次回は6月17日、半月の夜にお送りします!


    ☆☆毎月1回、メルマガ配信中です!☆☆
【宙ガールがお届けする星空情報★メールdeよるそらナビ】
 http://www.mag2.com/m/0001570292.html









posted by 富山翠@宙ガール at | 夜空ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    
   


お試しセット販売